スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2006/08/05/Sat 01:14:46
  • CATEGORY:日記

お絵描きバトンというものを…。




久しぶりのバトン。
お絵描き関係はあんまり答えれる事がないつーか、たいしたアレもコレもないのでアレだけどなあ。思いつくままにかいてみます。

★☆お絵かきバトン☆★

■何歳頃から絵を描き始めた?
小学校くらいにナディアが好きで模写してた。中学校にはいって高河ゆん先生。
高校は漫画読んでなくて、大学ではじめて版権漫画描いた。FF7だった!


■鉛筆派?シャーペン派?
鉛筆のほうが線が好きだけど汚すのでシャーペン。手軽だし。
細いのはよー使わんのです……。空間恐怖症の気があると言われる。
Bの0.5を使っています。

■ペン入れに使う物は?
日本字ペン。ペン軸はアレ、持ち手が青色の太いやつ。
あと筆ごこちっていうサインペン。インクはパイロットの製図用。紙はアップルの同人誌用。

■色塗りに使う物は?
アナログで色が塗れません!パソコンばっかし。
アナログで色塗れる人は凄いね。憧れるぜえ……。いいなあ、勉強したい。

■今の自分の絵に満足してる?
してないし、これからもしないと思う……。だって……。
満足してる状態ってどんなのだろう。もうこれ以上足し算も引き算もしなくていいと思えるのって、自分で決めれるもんなのかな。全然遠いお話です。

■尊敬している絵師は?
んん……たくさんいるなあ。友達にもたくさんいるし、プロの人で好きで、でも名前知らない人もいる。あんまり見ると真似しちゃうんだなあ。
オンラインの良くいくサイトさんで尊敬してる人いっぱいいます。
絵を描いてて、いろんな書き方をしてて、楽しそうな人は皆尊敬します。まじで。

■デジタル派?アナログ派?
漫画はアナログ派。デジタル試してみたけど、やっぱり効果的に使えてるとは思えない…。
紙のほうが描いた~って気持ちになる。
カラーはやむなくデジタル。アナログもできることなら練習してみたい。


■デジタルと答えた方、何使ってる?
フォトショ。

■背景描くの好き?
うぐ。
………描けるものを描くのは楽しいが、それだと描けないものがいつまでたっても描けないので、練習をしなくちゃいけないなあと思っている……。
背景に限らず描けるものは楽しいし、描けないものは苦しいですね。
なんでも楽しく描けるようになったら何て素敵だろうと思うので、なんでも描けるように今は苦難の道を歩むべき……べき……なのだけども、うう、描けないものいっぱいありすぎる。


■絵を描くときの環境は?
環境っていうと…設備かなあ。MacとWindowsが1台ずつ。自分の机と、アシ机。
A3スキャナとレーザープリンター、コピー機。
至って普通のものばかりです。
ネームは自分の部屋でこもって。
ペンは仕事場で映画見ながら延々やってる感じ。最近はアニメ月間なのでアニメみてます!

■絵を描くときに気をつけていることは?
絵かあ……。バランス…?人物のバランスもそうだし、白黒のバランスとかも上手くできるといいなあとはおもう。できてないんだけど、できたらいいなという。
後はまあ色気とか…。
あとは凄く基本的だけど、そらまあ…デッサン…?(という程たいしたことじゃない)
あんまりデフォルメしてない絵柄なので、みて変に足が長かったり頭が小さかったり目が離れたりしないようにとは思っているけど(基本過ぎる)
構図とかは、ある程度商業的な気分でやっております。ボーイズっぽく!とか。色も。素で描くと地味だと言われるので。いかんいかん…。
気にしてるのは、私は表情がかたいのがアレなので、もっといろんな表情が自然にかけるようになれるといいなあ。
下手なのだ…。
見所がどこかにある絵だといいなあと思う。

■自分の理想の絵は?
理想の絵など決めない。


■得意なパーツは?
得意!!
ううむ……難しい事聞かれるなあ…。どのパーツもある程度苦手です。
か……関節とかは描くの好きです…。顔は四苦八苦です。20代男性が比較的かきやすいけど、そんなに種類かけないし。な、なんだ、このバトン凹むな…。

■苦手なパーツは?
筋肉とか。奥の目。横向きの肩。手。後ろからみたかかと。
変なカメラにしたときの身体全部。
(ようするに人体が把握できてないってことじゃ!)

■男キャラと女キャラ、描いてて楽しいのは?
男。
女の子は難しい!あんまり種類がない。
でも女の子の方がディティールが細かいので描いてて楽しいだろうなとは思う。
描けるようになりたい…。

■こだわりの画材はありますか?
あんまり。とくに変なのは使ってないと思う…。どれも極スタンダードに皆がもってるものばっかりだね。


■今までに最も多く描いたと思われるキャラは?(版権創作どちらでも)

乾と海堂じゃないのかな。枚数的に。

■何色を多く使います?

カラーですか。どうだろう。肌色とかそういう当たり前の色をぬいたら、茶系と緑系が多いんじゃいかなあ。でも、たとえば夏の口絵なら夏っぽい色を使うし、小説の挿絵ならそっちの雰囲気にあわせて描くから、この色が好きでよく使う!ってのはあんまりないと思う。スモーキーな色は好きです。あと一色ビビッドな色をいれるとか好きだけど……カラーはほんと塗れてると思えないので、語る事もなく!
あ、でも私のカラーは黄色いと言われた事があるな…。


■使うのが苦手な色があれば。
コントラストの高い色の組み合わせ。センスと経験がいるなあと思う。
私は両方足りないのだった。アニメ-ターの人のつかう色は見てて好き。かっこいーの。

■人物を書く際、どこから描きはじめますか?
 その時々。
額の線>鼻筋>奥の目>手前の目>手前の眉毛>奥の眉毛>鼻の穴>輪郭>耳>口
かな。
あとは首>鎖骨>肩>胸……という感じ。

■ 完成までに一番時間が掛かった作品は、どのくらい時間を掛けましたか?

…………。ううん…。
カラーはあんまり時間をかけるとはまってしまって、どこで止めていいのかわからなくなるので
ある程度でもう出来上がりというふうに決めてやっています。
商業以外で描くカラーは大体練習とか落書きなので、仕上げまできちんと終わらせた絵ってないかも…。単純に情報が多いと時間かかるんじゃないかなあ。パーツが多いとか。
大体ラフとペンに半日、カラーに1日です。


■このバトンを回してくれた人の絵の感想をどうぞ
絵を見た事ないな。

■自分の得意な画材は?
ペンかなあ。むしろそれ以外の画材をあまり扱った事ない……。

■逆に苦手な画材は?
アナログカラー画材全般。苦手というか練習したことない。

■絵を描く工程を他人に見られるのは平気ですか?
別に平気。人並みに恥ずかしいし人並みに緊張するけど、とくに凄く嫌だとかいうこともない。
でも見せれるようなものでもないので、見せようとは思わない。おもしろくないよ。

■今までで、改心の出来と思える作品は?

改心の出来というのがどんな状態なのかわからない。

■自絵の感想を知り合いに求めるのって怖いですか?

怖いよー。そして難しい。
知り合いは厳しい事言わないだろうし。不特定多数の見知らぬ人の言葉は、8割正直だと思うので受け止めるけど、絵に関してはどうしても2割はその人の好みやセンスによると思うし…。
読者の人とかがくれる感想は、褒めてもらうのは鵜呑みにはやっぱりなかなかできないけど、それを私に伝えようと手間をかけてメールなり手紙を出してくれたという事にものすごく感動するので全部有り難く頂く。
慢心してはいけないけど、卑屈になると手が止まるし、突っ走るとひとりよがりになるが、意見をききすぎるとつまらなくなるんじゃないかなあと思う。


■エロ絵を描いた経験とその内容について

漫画じゃなくて、イラストでエロ?はあんまりないかも。お仕事では描く。
楽しいぞ!リビドー!!

■今まで一番言われてショックだったコメントは?いつ、誰から?

うう…言えない。でも凄く正直な意見だった。


■次に回す5人
いないよ!!!

--------------------------------------------------------
PROFILE

MICROMACRO

Author:MICROMACRO
■商業、同人情報等。
■各関連会社様等とは一切関係はありません。
■ヤマダサクラコ

アシスタント募集のお知らせ








WORKS

■単行本----------------------
■20090523発売
ルチルコミックス(幻冬舎)


■20080801発売

(エンターブレイン)


■20071029発売
花音コミックス(芳文社)

■継続のお仕事----------------------

■Unit Vanilla/2nd Project


「薔薇とライオン」
2008/1月号よりRuTiLe (ルチル) にて隔月連載


■映画コラム
「ヤマダサクラコの勝手に予告」
hanako westにて毎号連載
(2009年末終了)



■ゲームのお仕事----------------------


■恋人はNo.1ホスト
キャラ原案、キャラデザ、監修等

■恋人はNo.1ホスト
「カフェテラスの甘い恋」
キャラ原案、キャラデザ、監修等


単発のお仕事----------------------

■「癒されBar若本」



■結城 一美先生
この胸の秘めごと (白泉社花丸文庫)
2009/11

■ルチル12月号全員サービス小冊子 8ページ書き下ろし 「薔薇とライオン」



■砂原糖子先生
メランコリック・リビドー (ルチル文庫)幻冬舎 (2009/4)

■水上ルイ先生
スウィートルームに愛の蜜
ドラマCDジャケット(2008/08)

■崎谷はるひ先生
大人は愛を語れない (ルチル文庫)
幻冬舎コミックス (2008/6)

■秋山みち花先生
極道の犬 (CROSS NOVELS)
小説挿絵/ 笠倉出版社 (2008/05)



グコミちらし

■私立クレアール学園販促グッズ
親父抱き枕etc


■英田サキ先生
ライク・ファーザー・ライク・サン
小説挿絵/ (SHY NOVELS )
大洋図書 (2008/1)

■2007/11+2008/2
とらのあな
「働く男フェアコミック小冊子」

■水上ルイ先生
スウィートルームに愛の蜜
小説挿絵/ルチル文庫
幻冬舎コミックス (2007/9)

■2007/夏
とらの穴/夏の大感謝祭/販促グッズ

■2007/06
宙出版『Lamento』
アンソロジー表紙
Lamento-BEYOND THE VOID

■3/25大阪コミックシティ
パンフレット表紙

■明輝堂販促イラスト

■ぱふ3月号インタビュー



眼鏡アンソロ

MAIL
メールを送信する前にこちらをご覧下さいね。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。